効率的に宣伝するなら圧着ハガキ!作成するなら専門業者に頼もう

着圧はがきの開封口

圧着ハガキなら多くの人に確認されやすい

圧着ハガキは広告郵便として最適です。圧着ハガキは普通のハガキと同じサイズですが、紙を一枚めくって見開きのページのように使うことができます。最初から広告と分かるものよりも、隠されているものの方が見られる確率は高いです。なぜなら情報が隠されているものは、見る人にとって「もしかすると重要なものかもしれない」と思われやすいからです。また、ページをめくるタイプのものは、「とりあえず剥がしてみよう」となりやすいです。矢印が書いてあれば、そこからページをめくり、見るつもりはなくても目に入ってきます。そのため、潜在的にも顧客の意識に残りやすく、何気なくでも見てしまうのが圧着ハガキの利点です。広告は、顧客が見なければ意味のないものです。例えば折り込みチラシだと、ごっそりと捨ててしまう人も少なくありません。チラシと分かった時点で見ずに捨ててしまう人もいます。圧着ハガキなら、剥がして確認しようと考えるため、多くの人に見られることが予想されます。また、広告郵便としてだけではなく、個人の明細など他人に見られてはいけないものにも使えます。一度剥がすと再度くっつけることはできない仕組みのため、自分だけが中を確認することができるため安心です。便利な圧着ハガキの作成は業者に依頼して、多くの人に見てもらいましょう。

DMを送るなら圧着ハガキを利用しよう

いつも利用してくれている顧客に特別なお知らせを送ったりするのに、便利なのが圧着ハガキです。

通常のハガキとサイズは同じなのに、ペリペリと剥がすだけで広告量は2倍になるのでコスト削減に向いているのでありがたいです。

また、中を開けてみないと中に何が書かれているのかわからないので、開けて中を見たいという心理が働くので通常のハガキで送るよりも格段に広告を見てもらえる確率が上がります。

圧着ハガキは自作することもできますが、手間が掛かるので、作成は業者に依頼するとよいでしょう。

圧着ハガキ専門の業者に依頼すれば、書いてほしい内容のデータを送るだけで発送まで代行してくれる業者もあるのでとても便利です。
初めて圧着ハガキを作る場合でも、テンプレートからどのようなデザインにするか選べる業者もたくさんもあるので、自分がイメージするものをテンプレートから探してみると簡単に作れます。

ただ、注意点もいくつかあります。

1つ目は、水に弱いことです。
接着面を糊でつけているタイプが多いので、雨に弱いので雨の日に配達されてしまい、中が開けられないという可能性があります。

2つ目は、通常のハガキに比べるとコストが高いことです。
広告として載せられる文章が多いのと、特別な技術がいるのでどうしてもコストは高くなります。

注意点もありますが、広告郵便としてはとても消費者には有効なので是非とも、検討してみてはいかがでしょうか。

顧客の新規開拓にも役立つ圧着ハガキとは

新規顧客開拓でダイレクトメールを積極的に活用している企業は、開封率アップのために地道な努力を行っています。特に圧着ハガキの導入が開封率のアップにつながることが多く、デザインも含めて作成は業者に依頼しています。広告郵便の制作実績が豊富な印刷会社であれば、デザイン性に優れたダイレクトメールを作成することも可能です。また情報量に合わせて最適なプランを提案してくれるので、圧着ハガキを使った宣伝効果も最大限に高められます。企画の立案や宣伝効果の確認まで、総合的なサポートを受けたいときには、納入実績が豊富な業者を積極的に使うべきです。また自社工場を持つ印刷会社は、スピーディーに圧着ハガキを作成してくれるので、急いで発送したいときにも便利です。しかし圧着ハガキ1枚当たりの作成コストを減らしたいときには、インターネット専業の印刷会社を活用する必要があります。ウェブ注文でも翌日発送のサービスを利用できますが、納期を一週間後に設定すると、割安に圧着ハガキを作ってもらえます。また初めて発注する場合には、印刷業者の比較サイトを使うのがポイントです。料金や納期でサービスを比較できるので、初めてでもスピーディーに手ごろな業者を選べるようになります。

ポストに投函

MENU LIST

小ロットの圧着ハガキの上手な活用法

折り込みチラシを配布する場合には、まとまった枚数を注文する必要があるので、コストが10万円以上になります。しかし小ロット注文が可能な圧着ハガキであれば、1万円程度の予算で常連客を中心にPRすることが可能です。また100枚程度の圧着ハガキ作成は業者に依頼する場合でも、デザインと仕上がりには徹底的にこだわるべきです。ウェブ入稿が可能な印刷会社を利用すると、質の高いダイレクトメール用の広告郵便も自…

圧着ハガキを使って広告手段を広げよう

圧着ハガキをご存じですか。二つ折りや三つ折りのカラフルな広告郵便に使われるハガキで、最近では沢山の種類のものが目につきます。普通のはがきに比べ、何倍もの面積に印刷することが出来るので、一枚のハガキに掲載することが出来る情報量が飛躍的に多くなります。圧着ハガキのもう一つのメリットは、内側に書かれた内容が人目につくことなく相手先まで届けられることです。一般には知られたくない限定のサービスの案内や…

ハガキよりお得に使える圧着ハガキ

圧着ハガキと聞いて、それは一体何なのかと思われた方も多いと思いますが、圧着ハガキとは、最近ダイレクトメールやカードや公共料金の使用額の明細などでよく使われている、はがして中を見るハガキのことです。用紙を複数回折りくっつけることで、通常のハガキよりたくさんの情報を書き込むことができて、値段は封書より安く、封筒を用意する手間がありません。そして、くっつているのをはがすのは簡単にできるのですが、1…

ダイレクトメールには圧着ハガキを使おう

広告郵便にもいろいろな種類があります。圧着ハガキを使用してみてはいかがでしょうか。圧着ハガキなら、封書のダイレクトメールよりもかさばらないので、扱いが楽です。さらに、重さも封書のものより軽く仕上げることができますので、郵便料金のコスト削減にも役立ちます。また、ダイレクトメールを受け取るお客様にとっても、圧着ハガキは、封書に比べて開封の手間がかからないので、すぐに目を通しやすいというメリットが…

TOP